スケルトンリフォームで新しい暮らしを〜ビフォアアフター〜

住宅

挨拶は大事

作業員

室内工事というものは、非常に音の大きいものです。そのため、近所にも大きな音が聞こえてしまいます。本人としては、これで新しい家が建つ、家が綺麗になると考えれば我慢出来ないものではありません。しかし、近所の人間から取ってしまえば騒音以外の何物でもないのです。騒音というのは、近隣トラブルとして最も原因になりやすいものです。そのため、室内工事をする前に、近所への挨拶はしっかりしておきましょう。何も言わずに工事を初めてしまうと、周りの人間にとっては予告無しで騒音を出されたという結果になってしまうのです。住宅地に住むということは、その地域の仲間になるということです。そのため、些細なことであれ誰かに迷惑がかかると思ったのなら、まずは報告をしていきましょう。基本的に、工事等を止めることは出来ないため、挨拶さえすれば普通に許してくれるはずです。

外国人が日本に移住した時、一番びっくりするのは地震にあまり動じていない日本人を見た時らしいです。私達は、小さな揺れであればそこまで大騒ぎするほどのものではないと感じています。さすがに、大震災ともなると大騒ぎになってしまいますが・・・。このように、地震が多い国である日本の建物で、一番大事にしなければならないのが耐震性です。何度も言うように、日本は地震が多い国です。そのため、耐震性については規定まで存在しています。ある一定の耐震性のない建物は、住居として認められません。そのため、住居を作る時は一定以上の耐震強度を持った建物を作らなければならないのです。また、建物の強度は、地盤の影響をかなり受けてしまいます。地盤が悪ければ、建物が崩れてしまう危険性を持っているため、宅地造成では地盤の良い場所もしっかりと選んでいきましょう。