スケルトンリフォームで新しい暮らしを〜ビフォアアフター〜

一軒家

挨拶は大事

作業員

リフォームするにしろ、新しい家を建てるにしろ、気をつけておかなければならないのは周りへの配慮です。また日本という国は、世界的に見ても非常に地震の多い国なので周りの影響も配慮が必要です。

More Detail

調査をする

修理

生活に直結するところをリフォームしたいと考えている人は多くいることでしょう。そんなリフォーム工事では地質調査から入ります。実際に物件の中を見て、工事に掛かる費用であったり、様々なアドバイスを貰えます。

More Detail

家を建てて綺麗にする

部屋

家に住み続けていると、建物はどんどん劣化していきます。新築で家を建てた後も、何十年も経ったらあらゆる箇所が、古くなっていきます。キッチンやトイレの内装は使えば使えほど機能が衰えていきます。そうなってしまった場合、補強工事やリフォームが必要になってきます。もしも、スケルトンリフォーム等をしっかりしなければ災害等があった時に家が倒壊してしまうおそれがあります。スケルトンリフォームは、家を綺麗にするという意識を持つ人が多いですが、それだけではありません。老朽化した建物を、しっかりと補強するという意味でもリフォームは必要になってくるのです。特に、現在の家は横に広がらず縦に伸びています。そのため、支える部分が非常に小さく、ダメージが大きくなってしまうのです。昔であれば、家と家の間隔はそこまで狭くなかったため、横に大きく広げることが出来ました。しかし、現在では人口比率が上がったため、住宅街等では非常に家の間隔が狭くなっています。そのため、横に広げることは出来ず、縦に伸ばしていくという結果に繋がっているのです。もしも、広々とした家を持ちたいのであれば宅地造成という方法があります。宅地造成とは、農地や山林等を宅地にするための工事のことです。この宅地造成は、新築や駐車場を作ったりするために、良く使われる工事になります。宅地造成を使えば、自分の思い通りの家を作ることが可能であるため、非常にオススメです。

電話一本でいつでも対応

内観

住宅の窓ガラスはとても壊れやすく、衝撃にとても弱いのが特徴です。割れた窓ガラスをそのままにしておくと危険なので早めに片付けて、窓ガラス交換業者に連絡しましょう、電話するとすぐに来てくれます。

More Detail